経営戦略とICTソリューション

ICTソリューションが企業競争力を高めるための道具として使用されるようになり、ICTソリューションと経営戦略がますます密接になってきました。

経営戦略とは、お客さまが目指している方向のことです。
そしてその経営戦略のもと、社内一丸となって、企業は競争社会で勝ち残れるように日々努力しているのです。

例えば、経営トップが
「現在は景気がよくないので、売上アップは難しい、売上維持を努力しつつ、経費を削減し難局を乗り切ろう。」
という方針を出したとします。

ということは、この企業の現在の戦略は、経費削減ですので、経費削減に有効なICTソリューションが、
経営戦略と整合性の取れたICTソリューションということになります。

営業支援システムのような売上アップのための攻めのICTソリューションより、
工数削減、在庫削減、業務効率化のような守りのICTソリューションが適していることになります。

また、経営戦略としてスピード経営を重視している企業の場合、
スピード経営に役立つICTソリューションを提案するのがベストです。

このように経営戦略とICTソリューションは、整合性がとれていなければなりません。
ですからあなたも経営戦略の知識をきちんと身につけ、 企業がどちらの方向を目指しているのか、経営戦略を読み解く力が必要になります。

これからICTソリューションにかかわる人は、
経営戦略を読み解く力を身につけ、 「ICTソリューションは経営戦略を実現するためのツール、経営戦略と整合性がとられていなければならない。」
と理解してください。

サブコンテンツ

お勧めランキング

このページの先頭へ